HOME お問合せ 会社概要 リンク
 
3
 2.パソコン活用と生き残り戦略
  1)積算業務におけるパソコン活用 〜積算システムを導入すると何が出来るのか〜
★導入効果は?

積算業務分業化とスピードアップによる、社員の能力向上が望めます。

これを「経費」という具体的な数字に置き換えてみました。

月給30万円の社員(時間給約1,800円)が月100件の物件を拾うとします。

■手拾いで計算をする場合、、、
 積算時間=30分/1物件
 月の積算にかかる人件費は
 1800円×30/60時間×100物件=9万円

■積算システムを使って積算をする場合、、、
 積算時間=10分/1物件
 月の積算にかかる人件費は
 1800円×10/60時間×100物件=3万円

この結果を月ごとのグラフにすると、左図のようになります。 システムを導入した場合、6ヶ月で36万円、1年で72万円の経費削減になります。


例えば、70万円のシステムを導入した場合、1年で導入費用が回収できることになります。

積算担当者は積算にかけていた時間を他の仕事に当てることができ、全体の仕事の能率も上がります。

 

HOME  
Copyright (C) HARADA INDUSTRY Co.,LYD. 2002 All RIghts Reserved
Mail. info@harada-k.com