HOME お問合せ 会社概要 リンク
 

2002.5.30 新建ハウジング 取材記事

「実績管理システム」が新建ハウジングに紹介されました。
以下、全文を紹介します。


リフォーム対応注目IT製品 実績管理システム
            
◎電子地図など、あらゆるデータが連動
◎顧客情報を一元管理
◎顧客対応の徹底、リフォームニーズの掘り起こしに


 

(株)原田工業(長野県丸子町・原田成社長)は、全国の工務店・建築工事店にあらゆる顧客情報を一括管理する「実績管理システム」の導入を提案している。 システムの基本価格は1本40万円。原田社長は「(顧客管理の徹底によって)リフォームなどのビジネスチャンスにつながる」とする。

 「実績管理システム」大きく、テキスト(基本的)データと、画像データで構成する。

 管理できるテキストデータは、施主名・電話番号・建築場所・(工事店は)元請データ、外注(職人)データ、建築物の仕様(工事種別・使用材料など)。画像データは、写真データ、地図データ、図面、見積・請求書、許可書類など。

 一般に工務店・工事店が抱える、顧客の文字情報と写真・図面データ、見積書、許可申請書類(道路・河川占用許可など)といった画像データ、特に電子地図とのつながりを持たせる(連動する)ことを特徴とする。

 原田社長は「工務店・工事店の場合、顧客データや図面が担当者ベースで記憶の中に実績としてあっても、一元管理されておらず情報の共有化もない。このため、顧客からの問い合わせに対しても、一部の人しか対応できなかった」と指摘。「デジタルデータとして保存することで顧客情報などを一元化でき、顧客対応力をアップすると同時に、リフォームニーズを掘り起こすことでビジネスチャンスにつなげることができる」とする。

 さらに原田社長は、「これまでもエクセル・ワードでデータ入力している企業もあるだろうが、住所録程度で情報の共有にはならない。当社独自のシステムにより、連動性を持たせることで、多用なユーザーからのニーズに対応できる」と説明する。

 ソフトは、データベースソフトで一般的に使われる「CSV形式」のテキストをベースに構築。このため各種ソフトでの活用も可能。システムアプリケーションは基本価格が1本40万円(地図代10万円を含む)。データ管理のアウトソーシングも請け負っている。

 導入している企業は全国で(外壁・屋根・タイルの)建築工事店を中心に10社程度という。同社では現在、体験期間として「実績管理システム」の無料貸出しサービスも行っている。

 原田工業は、10数年前から建築積算システム開発を皮切りにスタート。「実績管理」のほか、見積書・請求書システムなどを開発・販売している。


電子地図データを管理できるのが特長。地図は全国図から1/6250まで10段階の縮尺を瞬時に切り替えて表示可能。一覧表で物件名をクリックするだけで地図上に位置が表示される。現場までの道順や距離も確認でき、材料搬入や諸経費の算出にも使える。


「顧客詳細データ」部分。工事名の検索機能を使って必要な現場を瞬時に探し出せる。地図、写真データと完全連動。DMや年賀状の宛名印刷にも利用できるため、リフォーム受注の掘り起しにも活用できる。セミオーダータイプのため管理項目は設定自由。

写真の管理画面。一覧表のデータと連動するため、瞬時に検索可能。アルバムシステムを利用すれば、枚数に制限なく着工から完成までの流れを記録できる。
HOME  
Copyright (C) HARADA INDUSTRY Co.,LYD. 2002 All RIghts Reserved
Mail. info@harada-k.com